治らない病気はない|腎臓病は食事療法で改善可能

男性女性

新療法がおすすめ

男女

専門施設で検査

栄養療法を利用するに当たっては、専門の医療機関を受診するのが近道です。自由診療を行う最近の病院では、体の状態を様々な血液検査で調べることがあります。この場合、検査項目は病院によって異なることがほとんどです。診察を担当した医師の意向や認識によって、その都度変わります。血液検査の項目は非常に多く、病気の場合でも素人が一朝一夕に読み解くのは時に困難です。栄養状態を把握するためにはさらに、複雑な知識が必要になります。実のところ検査と栄養療法は、セットで行うのが合理的な方法です。医師が栄養療法に精通していない医療機関では、検査の意義が薄れます。場当たり的な対応となる可能性が高く、早めに専門施設に変更した方が無難です。

血液データを元に

本格的な栄養療法では、様々な面から健康状態を把握します。これまでの病歴や本来の体質、ストレスなどを含めて総合的に診断するのが特徴です。このような診療のベースになるのが、血液検査のデータと言えます。栄養療法を担当する医師は、専門的な知識を身につけており、一人一人に合った治療が出来ます。必要に応じて心療内科的な診療も行われるのが、栄養療法を行う施設です。心理的な面からも不調の原因を探ります。栄養状態と心理状態のバランスを見ながら、治療を進めていくのが通常のスタイルです。従って、一般の内科よりも踏み込んだ治療が叶います。ダイエット外来や産婦人科と一部診療が重なることもあるのが、昨今の栄養療法の施設です。