治らない病気はない|腎臓病は食事療法で改善可能

男性女性

腎臓に関する病気と対策

和食

腎臓の機能と障害

腎臓は、血液中の不要物をろ過し、老廃物を適切に排出させるための重要な器官です。この腎臓が病気になってしまうと、この機能がうまく働かず、適切な日常生活を送れなくなってしまいます。腎臓病の症状は、実は大きな特徴がありません。初期は自覚症状が全く無いため、腎臓病であることに気付かずにどんどん悪化してしまうことも多くあります。腎臓病の発見は、血液検査によってのみ行うことが出来ます。病状が深刻化する前に、定期的に健康診断を受けるようにし、早期発見することで、手遅れになる前に適切に処置を行うことが出来ます。腎臓病が悪化してしまった状態だと、透析治療を受けなくてはならなくなり、肉体的にも金銭的にも大きな負担がかかってしまいます。

家族のサポートが重要

腎臓病患者にとってと手も重要なのが、食事についてです。腎臓機能が弱っている状態では、わずかな腎臓の負担で病状が悪化してしまう可能性があるため、特に家族のサポートが重要となります。具体的には、塩分やタンパク質を控えるということです。塩分やタンパク質は、必要以上に摂取してしまうと腎臓でのろ過作業に負担がかかってしまいます。食事を摂る際には、塩分カットされている調味料や、タンパク質の量などをバランス良く計算するようにしましょう。また、一人暮らしの場合などは、宅配の食事を利用するのがオススメです。宅配の食事は、腎臓病患者に適したものをあらかじめ作って届けてくれるので、メニューに気を配る必要がありません。工夫して食事を摂り、腎臓病の悪化を防ぐことが大切です。